Sponsored Link

スムーズな眠りに寝る前のコーヒー・タバコはだめ!

スムーズに眠るには何と言ってもリラックスすることがとても大切です。寝る前には緊張をほぐし、刺激を避ける事ですね。よく言われることに、寝床に入りすぐに眠るためにはコーヒーやタバコは避ける方が良いと。

 

理由としては、コーヒーなどに含まれるカフェインは作成作用を持つ物質であるため、寝る前にコーヒーを飲むと寝付きが悪く、眠ったとしても睡眠が浅くなりがちです。タバコも覚醒作用があるところから、寝る前の一服は寝付きを悪くします。

 

カフェインを含む飲食物は、コーヒーや紅茶、ココア、チョコレート、コーラ、日本茶、栄養・健康ドリンクなど数多くあります。カフェインは摂取後30分位で効き始め、4,5時間は効くと言われています。

 

従って、寝付きがあまり良くない方は、寝る4時間位前になったらカフェイン摂取は避けましょう。午後11時に就寝する方は、午後7時以降はコーヒーなどは飲まない方がいいということです。

 

もちろん、タバコもできるだけ寝る前は避けたいところです。ただ、寝付きが良い悪いは個人差があるので、自分の体質をよく知ることが大切です。コーヒーは利尿作用もあるので、夜コーヒーを飲むと夜間にトイレに行きたくなるので目が醒め、結果睡眠不足になることもあるので注意が必要です。

Sponsored Link