Sponsored Link

睡眠相前進症候群の改善法

睡眠相前進症候群は夜も明けきらない早朝に目覚めてしまう症状のことで、年を取って体内リズムが前倒しになることで症状が出やすくなります。年を取ると鶏より早く起きてしまう!という話をよく聞きますね(笑)

睡眠相前進症候群が見られる年配の方は、体内時計の周期が24時間よりも短くなっていることがあるのです。睡眠相前進症候群が年配の方に多いのは、定年で暇になり、夕食時間や就寝時間が早くなることで生活リズムが前にずれやすく早朝に目が覚めてしまうのです。

 

年を取ると誰でも睡眠相前進症候群になるかというとそうではありません。遺伝性が強く、家系内で多発することが多いとされます。睡眠相前進症候群の改善法には、治療として高照度光療法やメラトニン療法が用いられます。

 

日常生活での睡眠相前進症候群の改善法としては、夕方以降に強い光を浴び、早い時間に床につくのを我慢したり、朝日を避けるために、早朝からサングラスをかけるのも効果があるとされています。睡眠相前進症候群のある年配者の方は、早朝に散歩されるより夕方にされることをお勧めします。

Sponsored Link