Sponsored Link

睡眠相後退症候群の改善法

睡眠相後退症候群とは、明け方まで眠くならず、昼近くまたは昼過ぎにならないと起きられない症状のことです。睡眠相後退症候群は不眠症と間違えられやすいのですが、寝る時間が遅くなるだけで、睡眠時間が短いわけではないので不眠症とは違います。

現代社会は、夜遅くまで働いたり、夜中までテレビやインターネット、ゲームをする人が多く、夜になると活動的になる夜型の人が増えています。夜型の人がさらに夜更かしをすると睡眠相後退症候群に陥りやすいのです。

 

睡眠相後退症候群の改善法として一番効果があるのは、朝早く起きて朝日を浴びることです。朝日を浴びる生活が難しい場合は入院して睡眠相後退症候群の改善するのが望ましいです。

 

あくまで自宅で睡眠相後退症候群の改善をしたいということであれば、医者の指導の下で、毎日少しずつ睡眠時間をずらして、望ましい時間帯に合わせていく時間療法もあります。

 

市販の薬で改善したいならば、睡眠覚醒リズムを調整してくれるメラトニン受容体作動薬「ロゼレム」があるので、医療機関での処方をお願いしてましょう。

Sponsored Link