Sponsored Link

不眠になりやすいのは男性より女性!

眠気が強くなったり、不眠になりやすいのは男性より女性が多いといわれています。原因は女性ホルモンの影響だと考えられています。

 

生理前や生理中に眠気が強くなったり、逆に睡眠が乱れたり、熟睡できなかったりすることが多いのは、女性ホルモンであるプロゲステロンの作用によるものです。

プロゲステロンは基礎体温を上げる作用があり、眠くなるメラトニンが出てきても体温が下がりにくくなり、睡眠が乱れてしまうのです。女性は毎月月経現象があることから、月経前や月経中に睡眠が乱れると毎月が憂うつになりがちですが必要以上に気にしないようにしましょう。

 

病気による睡眠の乱れではないのですから。神経質になる方がかえって睡眠に悪影響を与えてしまいます。若年期には男性より女性の方が眠りが深いといわれますが、閉経を迎えるころから、女性の方が更年期障害と不眠に悩む人が多くなります。

 

もちろん、更年期障害は男性にもありますが、更年期障害の症状は一般的に女性より男性の方が軽いようです。女性の睡眠が乱れやすいのは、女性ホルモンの減少による更年期障害期以降に多いとされます。

Sponsored Link