Sponsored Link

過眠症の原因に質のよい睡眠不足と生活リズムの乱れが!

睡眠障害で一番多いのが不眠症と言われますが、不眠症とは対局にある過眠症と言われる症状を訴える人も多くなっています。過眠症とは、昼間に我慢のできない強烈な眠気がさしたり、突然な睡眠発作に繰り返し見舞われる症状のことです。過眠症は日中に起こる症状で、重大な事故やミスを引き起こす恐れがあるところから、不眠症以上に危ない病気とも言えます。

 

過眠症の症状にも、軽度から重度まで個人差が大きく、原因をしっかり突き止めて過眠症改善へ向けた治療を行う必要がります。軽い過眠症の原因の多くは生活リズムが不規則になって生活習慣が乱れることにあるといわれます。自分でできる簡単な過眠症改善対策は、日中強烈な眠気が襲ってきても我慢することです。

 

眠気を我慢することはとても辛いことかもしれませんが、起きている時間が長いほど、ぐっすり眠ることができるので、とにかく眠気を我慢することです。ただ、眠気を我慢したまま、車の運転等をすることは非常に危険なので、日中、異常な眠気に襲われることが続くなら専門の医師に診てもらうことが大切です。

 

過眠症の原因(過眠症が軽度の場合)

 

1,夜間の質のよい睡眠不足

 

2,生活習慣の乱れ(不規則な生活)

Sponsored Link