Sponsored Link

昼寝の効果|昼寝で夜の睡眠の質も上がる!

短い昼寝が午後の活動の集中力を上げて、夜の睡眠の質を上げると言われます。15分から20分の昼寝でいいのです。短時間の昼寝は脳の疲れを解消し、午後に眠気を抑制すると言われます。

昼寝は午後の仕事の能率や学習能率を上げることから、昼寝を導入する学校もあるほどです。昼寝の効果として注目されているのはま、夜の睡眠の質を上げるということです。

 

また、昼寝をする習慣を付けることでアルツハイマー病の予防にもなると言われており、昼寝の効果は健康維持にも顕著だと言えそうです。ただ、昼寝の時間が1時間以上と長くなると、逆にアルツハイマー病の発症を促進してしまうという傾向もあるようです。

 

アルツハイマー病の患者の多くは1日3時間くらいの昼寝をしているということが判明しているそうです。昼寝の時間は長くても30分以内にするのが、良い効果をだすのに最適だと言えましょう。

 

夜の就寝前にカフェイン入りのコーヒーなどを飲むのは質の良い睡眠が取れないと言われますが、昼寝の場合は、眠る前にコーヒーを飲んでおくとよいみたいです。短時間の昼寝なので、カフェインが効いてくるころにすっきりした目覚めができるからです。

Sponsored Link