Sponsored Link

質の良い睡眠はメラトニン分泌を活発にする!

睡眠ホルモンと言われるメラトニンは睡眠中に分泌されます。メラトニンの分泌は明るさと関係があり暗くなる夜になると分泌が増え出し、夜中の2時頃に最も分泌されます。

メラトニンが分泌されると人は眠くなる訳ですが、午前2時頃のメラトニンが一番分泌される時には眠りについていることが質の良い睡眠を得ることにもなるのです。ただふ、メラトニンは10代を境にして、年齢を重ねるごとに分泌量が減っていくホルモンだと言われます。

 

高齢の方で不眠症の悩みがある方はメラトニンが不足していると考えられます。メラトニンには、眠りを促すという働きの他に、強い抗酸化作用があり、老化やがん抑制という働きもあることが分かっています。

 

従って、メラトニンの分泌を促す生活習慣を持つことが健康寿命を延ばすことにもなるのです。生活習慣が乱れるとメラトニン分泌が低下するので、夜0時までには眠りにつき、7時間程度の睡眠時間を取る睡眠リズムを取り入れるようにすることが極めて大事なのです。

 

睡眠は若返りや長生きの一因になっていることが良く分かります。

Sponsored Link