Sponsored Link

寿命が一番長い睡眠時間は7時間!

長寿は誰でも願うことですが、寿命が一番長い睡眠時間は7時間だと言われます。一昔前までは、「理想の睡眠時間は8時間」と習った方が多いと思います。

 

世界各国の睡眠にかかわる調査でも7時間〜8時間程度の睡眠が最も良い結果を出していると言われます。日本でも10年間睡眠に関する追跡調査が行われ、10年後の死亡率が最も低かったのは平均睡眠時間が7時間の人達だっということが分かっています。

また、睡眠時間が短いことで死亡リスクが高くなるのは男性よりも女性であることも判明しています。喫煙や飲酒、うつ病や自覚的ストレス、既往歴などを計算に入れて、1,が2年以内に死亡した人を除外すると、4時間未満の睡眠しかとらない女性は死亡リスクが2倍になったとのことです。

 

では、睡眠時間は長ければよいかといえば、そうではないことも分かっています。睡眠時間が8時間以上になると、男女ともに死亡リスクが上がり、10時間睡眠になると4時間未満の睡眠の人より死亡リスクが上がるということも分かっています。

 

惰眠をむさぼると寿命にも影響するということでしょうか。アメリカのカリフォルニア大学での調査でも、睡眠時間が6.5時間〜7.4時間が一番死亡リスクが低かったいう結果が出ています。

Sponsored Link