Sponsored Link

不眠症の改善方法と対策

不眠症は睡眠障害のひとつで眠れない病気に入ります。不眠症を改善する方法としてはいくつかの対策があります。不眠症対策で効果があるのが交感神経の働きを抑制することだと言われます。交感神経は日中活動している時や興奮した時に活発になる神経です。もう一つ副交感神経という神経がありますが、副交感神経が活性化することで、興奮も鎮まり、心が落ち着き眠りやすい状態になります。従って、不眠症の改善方法としては、夜寝るときは交感神経の働きを抑制して、副交感神経を活性化させることが効果的なのです。

 

副交感神経を活性化させる方法

 

不眠症を改善する方法のひとつに副交感神経を活性化させることがありますが、ぐっすり眠れるようになるには心も体もリラックスしてゆったりした気分になる必要があります。寝付き前に副交感神経よりも交感神経が優位だと、心も体も緊張状態になり、なかなか眠りに入れない状態になるのです。

 

就寝前に副交感神経を交感神経よりも優位にさせる方法

 

・嗜好品に含まれるカフェインを摂り過ぎないこと
・寝る30分位前に、ぬるめのお風呂に入り、血行を良くすること
・床に入ったら意識的に眠ることを考える
・寝室の明かりを柔らかいものにする
・寝る前2時間位は飲食をしない

 

ことなどがあります。

Sponsored Link