Sponsored Link

眠いのに眠れない〜生理前の不眠症状を改善するには?

生理の前になると決まって眠いのに眠れない、いわゆる不眠症状に襲われる女性が多いようです。また、反対にひどい眠気に襲われる人もいると言われます。多いのは、生理前になると眠いのに眠れない症状と聞きます。

 

生理前に不眠は生理前症候群(PMS)のひとつと言われます。では、どうして生理前になると不眠症状がでるのか、それは体温が関係しています。人は眠りにつくと体温が下がっていきます。

快眠状態の時は体温も昼間活動している時より低くなっているのです。生理前から排卵時期似なるとプロゲステロン(黄体ホルモン)が多量に分泌されて体温が上昇します。

 

つまり、プロゲステロンが作用して一日中体温が高めになり、寝る前になっても、眠りに入れるような体温にならないために不眠状態が生じると言われています。生理前の不眠症状を改善するには、寝るときに体温を下げることがキーポイントになり、それにはホルモンバランスを整える必要があります。

 

体温を下げる成分に効果的なのがグリシンです。市販のグリシン配合の休息サプリを利用するのも手です。

 

また、神経伝達物質の合成を促すビタミンB6の摂取、血液の流れを改善するオメガ3、ホルモンの生成と自律神経を調整するプラセンタなどを積極的に摂取することが、生理前に眠いのに眠れない症状を解消するのに効果があるとされています。

Sponsored Link