Sponsored Link

日中の強い眠気や大いびきが閉塞性睡眠時無呼吸のサインに!

日中の強い眠気や大いびきが閉塞性睡眠時無呼吸になるサインかも?3月13日のNHK「きょうの健康」では、閉塞性睡眠時無呼吸症候群が現れる原因と治療法が紹介されます。

 

 

日中に強い眠気がさすことや大いびきは閉塞性睡眠時無呼吸のサインでもあり、高血圧や脳卒中発症の危険性が高くなるとされるのです。仕事をしていて、とにかく眠い、強烈な眠気が指すことってよくありますよね。大いびきをかくことも。

 

普通聞きなれない「閉塞性睡眠時無呼吸」とはどんな症状なのか、睡眠不足に悩む方は必見の番組です。番組タイトルは『これで解消!あなたの睡眠不足「睡眠時無呼吸」』です。

 

>閉塞性睡眠時無呼吸の原因と影響

 

閉塞性睡眠時無呼吸になる原因は、睡眠中に気道が塞がれてしまい、呼吸ができなるからだと言われます。閉塞性睡眠時無呼吸症候群になると、血管や心臓に負担をかけることから、高血圧や脳卒中発症の危険性が高くなるというから怖いですね。

 

日中の強い眠気や大いびきがサインになるらしいですが、酸素飽和度と脈拍を記録する携帯型の検査機器を使うことで、自宅で簡単にチェックすることができるようです。

 

閉塞性睡眠時無呼吸の治療法

 

軽い閉塞性睡眠時無呼吸の改善方法としては、減量や寝方の工夫など生活改善が効果的なようです。重症の閉塞性睡眠時無呼吸の場合は、強制的に鼻から空気を送りこみ気道を広げるシーパップ治療を行うということです。

 

たかが大いびき、されど大いびきで、大いびきをかく人はまず肥満にならないようにすることが大切ですね。

睡眠時無呼吸症候群のレーザー治療が効果的?

睡眠時無呼吸症候群に悩まされる人が増えていると言われます。睡眠時無呼吸症候群は今や代表的な睡眠疾患のひとつと言ってもよいでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状は夜から朝までの睡眠中に呼吸て停止し、深い質の良い睡眠が得られなくなることで、昼間に強烈な眠気を感じる病気です。

睡眠時に無呼吸になるパターンとして、肥満や顎の形などが原因で気道がふさがりやすい状態がから生じるもの、呼吸中枢が呼吸の指令を出さなくなる中枢型、肥満や顎の形に加え、中枢型を合わせた混合型の無呼吸があるとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療としては、先ずは睡眠時無呼吸症候群を悪化させる原因を除去することが大切です。専門の医師の指導に従って、一日も早く治療を開始することが睡眠時無呼吸症候群を悪化させないことにつながります。

 

特に、肥満を解消するための食事療法、運動療法は自分でもできることなのでしっかり継続しましょう。タバコや過度な睡眠薬の服用も無呼吸症を悪化させるリスクがあります。

 

最近では、気道を広げるために顎の形を変えたりする外科的な治療を始め、レーザー治療を行う病院もふえているといわれます。

 

ただ、喉の構造は複雑でデリケートなので、レーザー照射も高度な技術が必要なため、信頼のおける病院で納得いく説明を受けてから治療を受けるようにすることが大切です。

Sponsored Link