Sponsored Link

睡眠不足は肥満につながる!

睡眠不足は肥満と深い関係があると言われます。睡眠不足になると脂肪組織で生成されるレプチンというホルモンの分泌量が減少するかららしいです。

 

というのも、レプチンというホルモンは、脳の満腹中枢に働きかけて食欲を抑制する働きがあるところから、睡眠不足でレプチンの分泌量が減ると、満腹になったことに気づきにくくなるからです。

また、胃で生成されるグレリンというホルモンは脳の摂食中枢を刺激して、食欲増進をさせる働きがあり、睡眠不足になるとこのグレリンの分泌量が増えて過剰に食べてしまう懸念があるのです。

 

つまり、レプチンとグレリン2つのホルモン分泌量の変化で食欲が出すぎて肥満につながるというものです。深夜に夜食を取りすぐに寝て、しかも睡眠不足となると肥満になることは明白です。

 

寝入りばなは眠りがあさくなるレム睡眠状態になると、脂肪を分解しやすい成長ホルモンの分泌量が減り、脂肪が蓄積されやすい状態にもなると言われています。睡眠不足になると健康阻害はもとより、肌荒れ等も引き起こすので良いことはひとつもありません。

Sponsored Link