Sponsored Link

ナルコレプシー(居眠り病)の原因

ナルコレプシーとは日本読みでは居眠り病とも言われています。そもそもナルコレプシーの意味ですが、ギリシャ語のナルコ(意味は麻酔、脱力、眠り)とレプシー(意味は発作)に由来すると言われています。

 

ナルコレプシーの症状は、朝、目が覚めた時は気分爽快でも、突然我慢しづらい強烈な睡魔に瞬間的に襲われ、一日に何回も居眠りを繰り返してしまうものです。ナルコレプシーは、勤務の会議中であれ、学校での授業中であれ、どんな時でも自分の意思に関係なく眠り込んでしまうという恐ろしい症状、正に居眠り病です。

 

車を運転している時などにナルコレプシーに襲われたらと思うとぞっとしますよね。ナルコレプシーの特徴は、居眠りしてしまう時間は10分位から20分位までと短く、長時間眠ってしまうことはありません。

 

正に、瞬間的な居眠りと言えます。ただ、ナルコレプシーは一日に何回も繰り返すというのも特徴です。ナルコレプシー(居眠り病)の原因ははっきり解明されていなく、オレキシンという神経伝達物質を作る神経細胞が破壊されるこ神経伝達障害によって生じるという仮説が有力とされています。

Sponsored Link