Sponsored Link

現代型(版)不眠症の原因はスマートフォンのやり過ぎ?

現代型(現代版)不眠が若い人たちの間で深刻になっているようですね。もはや病的な現代型不眠症とも言えそうです。

 

若い人たちが現代型不眠に陥る原因に、過度なスマートフォン依存があると言われます。スマホでのSNS、LINE利用は切っても切れない情報やりとりの手段になっており、夜中でも交流をしていることが睡眠不足に陥っているとされます。

 

いわゆる、テクノストレスが現代型不眠の原因のひとつになっている訳です。現代型不眠症で集中力を持って仕事や学習ができなくなりうつ病を発症した人もいるとTVで放映していました。

 

東京都内のあるバス会社の運転手の平均睡眠時間は5時間46分であったとの調査報告もありました。このバス会社では、睡眠時間と睡眠の質を調べ、安全運転をより徹底させる体制を強化させるとしていました。

 

理想の睡眠時間は8時間と言われた時代がありましたが、実際は7時間前後が最適だと言われます。睡眠時間はただ長ければいいというわけではなく、質が伴わないと良質な睡眠とは言えません。

 

つまり、5時間〜6時間位の睡眠でも、ぐっすり眠れ、質の良い睡眠であれば健康上問題はないと言えそうです。

Sponsored Link