Sponsored Link

睡眠大不況の原因と対処法

アメリカCNNによると、アメリカ人の睡眠不足が「睡眠大不況」を起こしているとのことです。論文で発表されたもので、特に10代の若者の睡眠不足が深刻だということです。

 

睡眠不足は身近な問題で、「睡眠大不況」と呼んだものです。では、睡眠大不況の原因は何で、対処法はあるのでしょうか。睡眠不足が問題化しているのはアメリカだけでなく、日本でもあり得ることと思われます。

 

睡眠不足は心身に様々な不調を引き起こす原因になることが知られており、過食や脳の萎縮、2型糖尿病を誘因にもなるといわれるので、睡眠不足を甘く見てはいけないということです。

 

過食を続けると肥満になり、血糖値の上昇に加え、コレステロールも増えそうですね。睡眠不足は正に「睡眠大不況」と表現できそうです。睡眠大不況の原因はインターネットやソーシャルメディアの利用が一番大きいのでは。

 

特に、スマートフォンの普及が加速度的に若者の睡眠時間を短くしているのではないでしょうか。睡眠大不況の対処法としては、まずは、毎日十分な睡眠を取ることです。同じ睡眠でも質の良い睡眠を取ることが大切ですね。

 

質の良い睡眠を取るには、寝る前にリラックスして自然な眠りにつくことです。そして、毎日同じ時間に起床し、就寝すること、過度な昼寝や過食、夜に酒やタバコ、カフェインを含んだ飲食物を避けることも効果があるということです。

 

記事内ヤフーニュース引用

Sponsored Link