Sponsored Link

不眠症の原因と症状

不眠症の原因と症状を語る前に、不眠と不眠症はどう違うのかを理解する必要があります。不眠とは一般的には眠れないことですよね。眠れない状態として、「床についたけどなかなか眠りに入っていかない」「意識的に眠ろうとすればするほど眠れなくなる」「毎日眠れないのが心配で、また今夜も眠れないのではと心配になり、結果眠れない」「眠りに入ったけど何回も目が覚めてよく眠れない」「睡眠時間は長いのにぐっすり眠った感じがしない」「朝方早く目が覚めてしまう」などがあります。日本人の5人に1人は不眠・睡眠不足に悩んでいると言われます。

 

不眠と不眠症の違い

 

不眠と不眠症の違いをはっきり区別するのは専門家でも難しい場合があると言われます。一般的認識されている不眠症の定義は、「毎夜の睡眠時間が長い短いにかかわらず、次の朝目が覚めた時に熟睡感がなく、精神的・身体的・生理的、また社会生活をする上で何らかの支障があると判断している」と思われる状態にあるケースを指すようです。さらに、不眠の状態がどのくらいの期間継続しているかどうかで判断することが多いようです。

 

不眠症の原因

 

不眠症の原因は不眠の原因と同じ定義とされることが多いですが、過度なストレスを受けることによる心理的な原因、身体や睡眠の環境変化による身体的な原因や生理的な原因、うつ病などの精神疾患に起因する原因、アルツハイマーなどの脳に関する病理的原因があるとされます。

 

不眠症の症状

 

不眠症の症状は大きくは「入眠障害」「中途覚醒」「熟睡障害」「早朝覚醒」4つの種類に分けられます。

 

・入眠障害とは

 

入眠障害とは、寝付くまでに30分以上かかる場合を言います。不眠症出ない方でも、30分以上経過しないと眠りに入れないことは多いと思いますが、毎日同じ状態が続くようなら入眠障害が疑われます。入眠障害の原因としては、昼間の緊張感が持続していたり、精神的は不安がある場合に起こることが多いです。

 

・中途覚醒とは

 

中途覚醒とは、眠った後に途中で何回も目が覚めてしまう症状です。高齢者になると頻尿が原因で中途覚醒を訴える人が多くなります。中途覚醒の原因には、過度なストレスを受けたり、うつ病、生活環境の変化、過度のアルコール摂取、頻尿などがあります。

 

・熟睡障害とは

 

熟睡障害とは、睡眠時間自体は長くて十分なのに、浅い眠りで、目覚めた時にグッスリ眠れたという感じがしない状態です。熟睡障害の原因としては、起床時間がまちまちだったり、運動不足、生活環境の変化などがあります。うとうとした時間が長かったけれど、眠りには程遠かったというケースですね。目覚めた時に頭が重かったりすることもよくあります。

 

・早朝覚醒とは

 

早朝覚醒とは、目覚めたい時間より、2,3時間早く目が覚めてしまうのが継続する症状です。中高年の方に多い症状で、鶏より早く起きてしまうと揶揄されたりします。特に、配偶者から苦情が来るのも早期覚醒の特徴ではないでしょうか。早期覚醒の原因としては、うつ病などの他、体内時計とのズレなどがあげられます。

Sponsored Link