Sponsored Link

不眠症の解消方法とは?不眠症の症状にはどんなものが?

現代人が抱えている悩みのテーマのひとつに眠れない、十分な休息が取れない、いわゆる「不眠」があります。私達は、睡眠に何らかの問題を抱えると気分がすぐれなかったり、健康阻害を起こすこともあります。不眠状態が日常的に続くと不眠症という病的な状態になります。不眠症の原因のひとつとして、現代社会における生活の様式、リズムの変化があげられます。今や、5人に1人は眠れない、いわゆる不眠の悩みを抱えていると言われます。では、そもそも不眠症とはどういうことなのかまた、不眠症の解消方法についてを調べてみました。

 

・不眠症とは?

 

不眠症とはどういう症状と聞かれて端的に答えることはなかなか難しいですが、日本睡眠学会のHPに不眠症が定義が記載されています。

それによると、

 

@夜間になかなか眠りにつけず、眠り始めるのにいつもより2時間以上かかる入眠障害。

 

A眠りについたとしても、夜中に目が冷めやすく、少なくとも2回以上目が醒めてしまう中間覚醒。

 

B朝覚醒めた時に、ぐっすり眠った感じが得られない熟眠障害。

 

C朝方、いつもより2時間以上目が醒めてしまう早期覚醒。

 

A @〜Cのいずれかを訴えること、

 

B さらに、このような不眠の訴え(悩み)が1週間に2回以上、かつ、少なくても1ヶ月間は持続する。

 

C そして、不眠が理由で苦痛を感じるか、社会生活あるいは職業的機能が妨げられる。

 

という、A、B、Cのすべてを満たすことが不眠症に当たるとされています。

 

・日常生活における不眠症の症状

 

睡眠時間が足りず、また睡眠の質も低い状態を自らが自覚して悩み、日常生活に支障をきたしている状態が不眠症と言われるものです。睡眠障害の原因は数多くありますが、中でも一番多いのが不眠症の症状だとされます。

 

・不眠症になる原因

 

不眠症になる原因は多種多様ですが、大きくは不眠がどんな理由で起こるのか大きくは5つの原因に分けられます。

 

T、不眠が心理的な原因に起因する場合

 

現代社会の不眠原因の多くは心理的な原因に起因するケースが多いと言われ、悩みや心配ごと、ストレスが重なることで引き起こされます。不安や精神的緊張が続くと眠れなくなる経験は多くの人が持っていると言えます。不眠の原因が心理的原因である場合は精神生理性不眠、神経症性不眠症と言われます。

 

U、不眠が身体的あるいは生理的原因に起因する場合

 

体に痛みやかゆみが継続しても睡眠が妨げられることがあります。特に、腰痛や首の痛みなどで不眠状態が長期間に及ぶこともあります。また、頻尿で夜中に何回もトイレに行ったり、昼間の過度な緊張が継続したりすると不眠状態になり、長期間に及ぶと不眠症になってしまいます。

 

V、不眠の原因が薬原性に起因する場合

 

不眠の原因がカフェインなどを含む飲食物など摂った場合にあるといったケースです。個人の体質によって不眠の症状は違うとされます。不眠症を解消するために、薬(漢方薬を含む)を服用する方法がありますが、専門医・薬剤師に相談することが大事です。

 

W、不眠の原因が精神疾患に起因する場合

 

うつ病やノイローゼなどの疾患が原因で不眠を訴えるケースです。精神疾患が原因で眠れないという不眠症症状の時は、専門医が居る病院での早急な診断・治療をすることが勧められます。

 

X、不眠の原因が認知症を含む脳器質性疾患に起因する場合

 

不眠が、アルツハイマー病やパーキンソン病などの脳血管障害、神経変性疾患、脳腫瘍などが原因で引き起こされるケースです。この場合も専門医が居る医療機関での診断・治療が勧められます。

 

・不眠症のチェックをする方法

 

@アテネ不眠尺度(AIS)でチェック

 

不眠症の程度を判定する方法として、アテネ不眠尺度(AIS)という世界保健機関(WHO)を中心とする「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が考案した世界共通の方法があります。

 

A生活習慣をチェックことで隠れ不眠症を見出す

 

自分が不眠症であるかどうかを判定することはなかなか難しいことです。アテネ不眠尺度(AIS)で不眠症のチェックをすることは、すでに、不眠症だということを自覚している方の有効な不眠症度合いチェック方法ですが、不眠症であると自覚がなくても、眠れない、休息がとれないという悩みから不眠症になる恐れがある方なら、生活習慣をチェックすることで隠れ不眠症を見出すことも可能です。

Sponsored Link